検索
  • 祐樹 太田

ズイタン大学 看護学部生の面談

更新日:3月15日

当社は介護の技能移転を目的とした技能実習生を受け入れる為、ズイタン大学看護学部4年生の面談を行いました。


日本に来て働きたい、病院で介護を学びたいという学生一人一人の熱意を感じ、弊社グループ病院のスタッフも「学生の皆さんの熱意を感じることが出来ました。受入れ側の体制を整備し、お迎えする私たち学ぶ機会です。失礼のないよう取り組む必要性を実感しました。」とコメントをくださっています。


日本の特に地方では介護スタッフ、看護補助スタッフの人材難が問題となっています。良い医療・介護を提供するためには、そもそも人材を確保しなければ実現できないと考えております。

弊社では、ズイタン大学と直接MOU(基本合意書)を締結し、看護学部の卒業生を技能実習生等で毎年受けいれる仕組みを構築しています。


技能実習制度や特定技能制度を活用し、日本で共に働いた海外人材の仲間と将来的には海外で一緒に医療・介護サービスを提供できるよう、教育体制、受入れ体制を充実させ、グループ全体で取り組んで参ります。


210回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示